一括借り上げで消費税や相続税対策|入居者管理もスムーズに

building

不動産投資をする

Real estate

不動産投資を行なう方が最近増えてきています、その理由として手軽に不動産投資ができるようになったからです。不動産投資物件の金額について、家賃設定はとても重要です。最近の家賃状況を踏まえて決めると良いでしょう。

Read More

家賃保証の金額

Real estate

一括借り上げとは、投資家が新築マンションを購入する際に、保証会社がそのマンションを一定の期間保証してくれる制度です。借り上げの歴史については30年ほど前になります。利用する際には実例があまりないので注意が必要になります。

Read More

不動産を活用する

Real estate

不動産の資産活用をする際は、様々な方法があります。方法の1つとして駐車場として活用する方法があります。土地の立地が良ければ収入も得ることができます。遊ばせている不動産があれば駐車場として活用するのも1つの手です。

Read More

制限がある

マンション投資は失敗してしまうと大損してしまうリスクを秘めています。しっかりとリスクを分散しながら運用していくことが重要です。

一括借り上げ制度の歴史

Real estate

一括借り上げという制度があります。この制度ができたのは今からおよそ30年近く前です。当時はバブルの頃で、一括借り上げをする時の条件も今よりはゆるかったのです。例えば、最近の一括借り上げのように家賃を下げてはいけないという暗黙の了解があったため、保証会社も借主が見つからない場合でも高額の家賃を払い続けなければならなかったのです。そのため、倒産をする保証会社たくさんもあったと言います。 ところが、バブルが崩壊すると、物件があまりまくります。その物件を保証していた保証会社はそのままでは生き残れないということで、保証している家賃を下げるという方向に話しを持って行くのです。家賃が下がると困るのはそのオーナーです。

今後はどうなのでしょうか

このような歴史がある中で、現在30年一括借り上げをしている保証会社は、いくつか制限を付けていることが多いのです。その一つが先ほどの家賃についてです。家賃の見直しは2年毎であることが多く、2年毎に保証する家賃が減っていくのです。これは建物が古くなっているので仕方がないと言えます。 また、10年か15年おきに保証会社が主催する修繕を行わなければならないという決まりがある契約もあります。これは、新築の時に比べて経年と共に人気が落ちるため、長期的に修繕をしていこうというものです。これらの負担がある中で、消費税対策や相続税対策にもなります。また、入居者の管理や退出時の手続きなども行ってくれます。このような条件を考慮して一括借り上げを利用するかどうかを決めてみてください。